審美歯科

詰め物・かぶせ物

当院の考え方

皆さまのご希望に合わせた、豊富な素材をご用意

むし歯の修復跡に用いる詰め物やかぶせ物には、保険が適用されるものと、自費によるものがあります。当然ながら、自費の素材のほうが、数々の機能的なメリットを持っています。例えば、壊れにくい、変色しにくいといった具合です。

自費素材のなかには、場所によって保険の適用が受けられるものもあります。金属アレルギーの方も同様に、ノンメタル素材に対し保険の適用が認められる場合があります。詳しくは、当院までおたずねください。

審美歯科への取り組み

かむ力が強く加わる、奥歯への「詰め物」

保険が適用されるプラスチック製のインレーは、比較的柔らかいので欠けやすく、経年による変色が起きやすいというデメリットがあります。自然な色合いを重視するなら、セラミックを混ぜた素材が好ましいでしょう。丈夫さを求めたいなら、人工のダイヤモンドを用いたジルコニアインレーもございます。

見た目の自然さが問われる「かぶせ物」

前歯の適用もあるかぶせ物では、より多くの選択肢をご用意しております。プラスチックとセラミックの混合に加え、耐久性のある金属をセラミック素材で覆ったものなど、場所や用途によって素材を決めていきましょう。

インターネットの情報だけで素材を決めるのは危険です

ご検討の際には、直接医師から説明を受け、正しい判断を行いましょう。インターネット上にある情報は、ごく一部の特性に過ぎません。後悔をしないためにも、患者さんの生活環境やご要望などを踏まえたうえで、医師からご提案させてください。

詰め物のお取り扱い
  • レジン(保険)
  • セラミックインレー
  • ハイブリッドインレー
  • かぶせ物のお取り扱い
  • ゴールドクラウン(保険)
  • ハイブリッドセラミック
  • メタルボンド
  • ジルコニア

知っておいてほしいこと・自宅でできること

せっかく治した歯の寿命を伸ばすために

詰め物やかぶせ物をした歯は、自然な状態に比べ、見えない汚れがたまりやすい傾向にあります。オーラルケアグッズを上手に使って、丁寧なお手入れを心がけてください。また、半年から1年に1回は定期検診を受けるようにしましょう。それだけで歯の寿命は長持ちします。

割れてしまった歯の再生治療

当院なら、治療途中などで割れてしまった歯でも、再生治療を応用して修復できる場合があります。方法としては、ひとまず歯を抜いて成形してから再植する進め方と、割れた状態からそのまま修復する進め方の2通りです。状況によって、どちらがふさわしいのかを判断していきます。

ホワイトニング

当院の考え方

自分に自信が持てる「白い歯」の輝き

当院では、汚れや茶渋を除去して「自然な白さ」へ戻す治療と、薬剤を使って「漂白する」治療の2種類のホワイトニングを扱っております。歯がきれいになることで、健康への関心が高まるかもしれません。「見た目」だけでなく、「健康」という切り口からも検討してみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングへの取り組み

ご自宅でゆっくり、好きなタイミングで

薬剤によるホワイトニングは、ご自宅でできるホームホワイトニングのみを取り扱っております。かつての薬剤に比べ、歯へのタメージや染みによる痛みが軽減してきましたので、安心してご利用ください。

自然な白さをお好みの方へ

「エアーフロー」という超音波を使った特殊な医療機器により、歯に研磨剤を吹きつけます。歯の表面にこびりついた茶渋や黄ばみを除去することが目的であり、歯石などを取り除くPMTCとは目的が異なります。

患者さんに知っておいてほしいこと・自宅でできること

食事をしたら「すぐ歯みがき」は、間違った考え方?

歯の白さと関係して、「食べてすぐブラッシングすることが、歯の健康にも良い」とする見解があります。しかし、唾液が洗い流されることで、お口の中が酸性に傾くのも事実です。唾液による中和のプロセスが行われないため、むしろむし歯になりやすいといえ、現在では、「食後30分を置いてから歯みがきをする」のが定説となっています。

お悩みの事がございましたら
お気軽にお問い合わせください

  • 048-560-5771
    top_img04.png
  • 24時間受け付けておりますWEB予約